解約することになったら・・

これまで入っていた生命保険を見直す時といえば、
更新時期が近づいてきた・社会人になった・結婚・出産・マイホームの購入・定年etc・・

一生のうちに、金銭事情も変わりますし、生活環境も変わります。
もちろんずっと同じ内容の保険に入っていてはいざという時に全く頼りにならないかもしれません。

そして、数ある生命保険会社の中でも、外資系企業も多く参入していて、魅力ある商品はいっぱいあるので、いいな!と思うこともあるでしょう。

しかし、今入っている保険を解約するとなった場合、銀行の定期預金を解約するのとは違って、慎重になる必要があります。

解約は、保険会社によっていろいろな方法があるようですが、直接顔を合わせなくても、電話一本で郵送によるやりとりでの手続きが可能の会社も多いようです。
しかし、一度保険を解約してしまうと、もう二度と契約を戻すことができなくなり、新たに加入しても、年齢により高い金額になってしまうこともあります。

そして、健康状態によっては条件付きになったり、加入できないことがあるようなので
新たに加入するものが決まっている状態で解約することが望ましいです。
無保険の状態にならないようにしましょう。

まず、解約したいと申し込んでも、会社によってはスムーズに行えないこともあります。
それは、営業からすれば解約する業務に応じてもなにもメリットがないからです。
だれでも自分の業績が悪くなる事に時間を費やしたくないですもんね。
そのことから、解約手続きの仕事は後回しになることが多いようです。

また、なかなか解約に応じてもらえないので、こちらが未払いで放置すると、解約返戻金といって、それまで積み立てていたお金から保険料が支払われることになります。
解約しようと思った時には何かした新しい保険に加入していると思いますが、その場合は2重の出費になっているということを承知しておいてください。

1回申し込んだだけではすぐに解約できない場合は、やってくれるのを待つのではなく、自分から解約に出向くことが最短の解約の仕方です。

【生命保険見直し無料相談ランキング】保険見直しのポイント・注意点は?

2ウィークの使い捨てコンタクトを15年以上使用中。

初めてコンタクトをしたのは高校生のときなので、かれこれ20年近くコンタクトのお世話になっています。はじめはハードレンズを使っていましたが、長持ちするし丈夫だし…というぶん、やはり固くてゴロゴロ感がハンパなく、しばらく使って止めてしまいました。親にお金を出してもらっていたので、落としたり割ったりしたら大変というのもけっこうプレッシャーでした。今考えれば、結果として使ってなければもったいない話なんですが。大学生になって自分でバイトするようになって初めてソフトの使い捨てを買ってみたんですが、あのときの衝撃は忘れられないですね。ゴロゴロしない!目が乾かない!落としても1枚数百円だから諦められる!ということで、それからはずっとソフトコンタクトの2週間使い捨てを使っています。
コンタクトレンズをしていて良かったなと思うことは、日々の生活に欠かせないくらいになっているので、むしろ無いと本当に困ります。以前、目を傷めてしばらく眼鏡をするよう医師に指示されてコンタクトにできなかったときは、フレームで鼻も耳も痛くなるし、レンズが遠いぶん眼が疲れるので頭が痛くなるし、良いことがありませんでした。特に私はかなり度の進んだ近眼なので、適正な度にするとレンズがすごく重いし高いんです。ですので、度を抑えたものを使っています。眼鏡は夜寝る前と朝起きた時くらいしかかけないため、たぶん0.7くらいにしか視力が補正されてないので自動車の運手は怖くてできません。コンタクトはきちんと1.0くらいまで視力が補正されるし、眼鏡みたいにうっとおしくないので、たぶんこのままずっと使い捨てコンタクトを利用し続けると思います。
コンタクトはその時々、購入してるコンタクトレンズ屋でそこそこ安い2ウィーク使い捨てで適当に選びますが、絶対に外せないのがAOセプトクリアという消毒液です。以前は消毒液と保存液が別々で、消毒したレンズは必ず保存液ですすぎ洗いしてから眼に装着しないといけなかったんですが、クリアはすすぎ洗いしなくて良いので、とても便利になりました。以前、AOセプトはちょっと高めなので安いもので消毒してみたんですが、消毒の仕方が悪かったのか眼に細菌が繁殖してしまってヒドイ目にあいました。それ以来、消毒液は他に浮気しないことにしています。友人知人は別にAOセプトでなくても全然大丈夫なので、たぶん私の使い方の問題なのだと思いますが、ズボラな私でも安心して使える強い消毒作用があるということなのでしょう。
2ウィークはたまにゴロゴロすることもあるので、いつかワンディにも挑戦してみたいです。

ハーフ顔になれるカラコン

ドラッグストアの日焼け止めクリーム

ドラッグストアの日焼け止めクリームのコーナーにズラッと並んでいる商品の中から一つだけ選ぶのはとても難しいので、迷ったときにはアネッサを買う、という人がいるほど日焼け止めクリームのアネッサはポピュラーな商品になっています。

今年は今までにない新感覚ジュレタイプにリニューアルしました。肌に乗せるととろ~っととけるようになじんでゆきます。
テレビCMや雑誌には長谷川潤さんがひんぱんに登場していますね。
日焼け止めとしては、アネッサ独自のUVフルブロック処方で、肌に紫外線を与えるスキがないといいます。

アネッサの「美白UVプロテクターA+」は、ミクロレベルの高保湿ジュレが徹底的に肌を守ります。
また、美白成分のm-トラネキサム酸が配合されています。メラニン生成を抑える効果があります。ヒアルロン酸やウコンエキス、オリーブ葉エキス、コラーゲン、グリセリンなども配合されていて、まるで美容液のような日焼け止めですね。
アウトドア派の人にとって日焼けを避けて通ることはできません。
日焼け止めクリームをしっかり塗っても汗で落ちてしまいますし、簡単につけ直すのも難しいということもあるでしょう。

ゼロホールはゴルファを対象に作られたUVケア商品です。
名前の由来は、「ゴルフのラウンド前(1番ホールの前)に使ってもらいたい」という想いからつけられたそうです。

SPF50+・PA++++は国内最高基準値の紫外線ガード力。
虫の嫌がる天然精油のユーカリ葉油を配合しているので、プレーに集中できます。
ベタつきがないので、塗ってすぐクラブを握っても大丈夫です。またプレー中の汗や体臭の臭いが気になる方のために、整肌成分のクロルヒドロキシAIを配合しています。

ヒアルロン酸や水溶性コラーゲンなどの保湿成分も配合しているので、日焼けで乾燥しやすい肌をしっかり保湿して守ってくれます。

ゼロホールのUVケア商品にはクリームタイプとシートタイプ、スプレータイプの3種類があります。シートタイプは汗を拭くときに、サッと拭き取る感覚で使うだけでいいのでとても手軽です。

無香料と2つの香りプラムブロッサムとピンクグレープフルーツから選べます。
ゴルファーのためのUVケア化粧品ですが、はば広いアウトドア派の方にピッタリの商品ですね。ゼロホールは主にスポーツ商品を扱うお店で購入できます。

【エステサロン潜入部隊】エステ大好き女の覆面調査※効果は?勧誘は?(http://www.esute-butai.jp/)

三十路の80kgオーバーの同僚にイライラ!!

社会人となって早2年……。入社前からこの会社はブラック企業であるとは分かっていましたが、まさか入社1年にも満たない新入社員が一店舗の店長になるなんて…接客業界のブラックさを身をもって知りました。

わたしのお店は雑貨屋さんなのですが、わたし以外の従業員は全員おばちゃんのパートスタッフばかりです。前店長が退職されるので昼・夕のパートスタッフを募集していたのですが全くと言っていいほど働けそうな人材が面接に来ることはなかったのです。前店長の退職日もせまっているし、文句を言ってられないとき面接に現れたのが例の80kgオーバーの三十路のMさん。性格は明るく気さくな方で接客業の経験もあるということで前店長が気に入られて採用となりました。この時からすでにわたしはパンチの効いた体型にちょっと引いていました……。

実際に働いてもらうと要領はあまり良くはないのですが一生懸命で好感はもてました。ですが、やはり巨体が邪魔なんです。うちのお店のレジは従業員2人がすれ違うのにぎりぎりくらいの広さなのですが、Mさんがレジをしているとその後ろを通るのに一苦労。壁に身体をぴったりとくっつけてささっと横歩きしなくてはなりません。わたしはどこの忍者でしょうか!レジは2台が横並びにあるのですが、Mさんに手前のレジをされるとお客様が並ばれたときに奥のレジに入らなくてはなりません。これが忙しいとき何回も何回も後ろを通らなくてはならなくて、本当にイライラするのです。
レジにスタッフは1人しかいらないので基本的に他のスタッフは売り場にばらけて作業をしてもらっています。かといって新人のMさんはまだできる業務があまりないのでレジ担当みたいになってしまっています。できれば早くレジ以外の仕事をやってほしいのですがこれまた覚えも悪くて……。さらに半年ほど経って慣れてくるとなんだか身体をレジ後ろの棚に寄りかからせて休憩しているのです。わたしが近づくとさっと身体を離すのですがばればれです!これだからデブは!何度心の中で罵ったか分かりません……。実際にはそんなこと口が裂けても言えませんが。でもだんだんデブであることによって全てのことにイライラしてしまいます。出勤したらすでに汗まみれの顔、お客様に呼ばれて小走りで駆け寄るそのもたついた動き、腹式呼吸(?)の下品な大きな笑い声等々。書き出せばきりがないほどです。本人に面と向かって言ってやることができないのでこの場ですっきりストレス発散します!ちっとは痩せろデブ!!

《最新版》ダイエット食品人気ランキング【置き換えダイエットで痩せる!】

健康的な体型になるためにダイエットするべき

私が太っている人に言ってやりたいことは、太っていることで損をすることも多いので、健康的な体型になるためにダイエットするべきだと思います。
ぽっちゃりしている人は可愛らしいですが、肥満は病気になりやすかったりするなどのデメリットがあります。
着る服は限られてきますし、お洒落な服は大抵細い人用に作られています。
太っている人が着られる服は体型を隠すものだったり、あまりデザインが可愛くない太っている人でも似合うデザインのものばかりです。
その服が似合う年齢は限られてきますし、似合う時に似合うお洒落をしないと年をとってから後悔します。
エレベーターにギリギリの人数で乗った時に重量オーバーになっても、責められるのは太った人ですし、自分が乗った時に重量オーバーになってしまうのは恥ずかしいものです。
太った人は太りやすい体型だと諦めずに、ダイエットに取り組むべきです。
どちらかというと痩せている人の方が得をすることも多く、人に良い印象を与えます。
是非酵素ダイエットなどのダイエットをして、痩せていることの楽しさを実感して欲しいと伝えたいです。
食事をすることが大好きで好きなものを我慢するのが辛い人も多いでしょう。
そのような人には運動を勧めたいです。
運動は食べることが大好きな人でも体重が増加することを抑えることができますし、体力をつけるためにも良いです。
太っている人の中には、ダイエットとして運動することに挑戦したことがあり、挫折したことがある人もいるかもしれません。
そのような人は、会員制のジムに登録してみてください。
1ヶ月ごとの料金を支払うことで、もったいないという気持ちがダイエットの成功に繋がります。
食べる量を減らすのはお腹がすいたりして大変かもしれませんが、食べるものの内容を考えて栄養のバランスが偏らないようにしたり、太りにくい食事にしたり、カロリーを考えた食事を摂ることは難しくないはずです。
痩せたら綺麗になる人もいるので、太っているだけで美人になれないのは損をしています。
太っていることでネガティブになりやすくもなるので、自分に自信を持って前向きな考え方をするためにもダイエットをして痩せるべきです。
急なダイエットは自分でも嫌気がさしてしまうかもしれないので、自分のペースでできることから始めてみてください。
運動嫌いの人にはそんなに大変でないウォーキングがお勧めです。
地道にダイエットを頑張り、痩せることで痩せることの楽しさやメリットを実感して欲しいと思います。

長年のお付き合い。

初めてコンタクトレンズを購入、使ったのは20歳くらい、
まだ学生だったときでした。それまで眼鏡をかけるのが
当然だと思っていたのに、友人たちがコンタクトを使い始め、
それなら自分も使えそうかな、と思い使い始めました。

私は最初からハードレンズで、一度もソフトコンタクトレンズを
使ったことがないのですが、それはそれで良かったと思っています。
というのもソフトを着けっ放しにして、トラブルを起こした人の話を
よく聞いたからです。当時のコンタクトレンズは、今ほど性能が
良くなかったので、ハードレンズは、いつもレンズを入れている、
という感覚がありました。それで、寝る前には外したくなるのです。

レンズを入れてみて、こんなによく見えるんだと、感心しました。
多分、乱視の矯正に効果があって、また、顔の周りの眼鏡のあの
重さやわずらわしさもなくて、本当にすっきり爽やか、という感じでした。

また、若いときには、洋服や、自分のしたいスタイルに眼鏡が
重い印象を与えました。眼鏡も今ほどおしゃれな感じでは
なくて、実用的なものが多く、素材も重かったと記憶しています。

ただ、コンタクトは、ゴミが入ると大変ですね。痛いし、見えないし
外でむやみに外すと、無くしてしまうという危険性があります。

一度、友人のパーティで、レンズを落としてしまった、という人の
ために、全員で探したのですが見つからず、1時間ぐらいして、
やっとのことで見つけたのですが、それがまた、ひどく固くて
結局コンタクトではないことがわかりました。

それ、なんだったと思いますか?

パーティにペコちゃんのミルキーを箱ごと持ってきた人が
いたんですが、そのペコちゃんの顔にくっついていた、
ペコちゃん用の目のプラスチックでした。何だかおかしくて、
その時は皆で大笑いをしましたが、コンタクトレンズは見つからず、
そのご当人には気の毒なことをしました。

その後もずっとコンタクトを使い続けましたが、ときどき
無くしてしまう事があって、コンタクトは安くないので、
その度にショックでした。今のように使い捨てがあったら
もう少し気楽に使えたんではないかと思います。

結局コンタクトをやめるきっかけになったのは、
目の乾燥でした。長年使ったせいもあるでしょうが、
仕事でコンピュータなどを使うと、いっそうドライアイを実感、
目薬は使っていたものの、もうそろそろ眼鏡でもいいかな、
という気持ちになって、眼鏡に変えました。

余り長くコンタクトをしていたので、今度は逆に眼鏡に
馴染まず大変でしたが、次第に慣れていきました。

今でも、スポーツなどのときは、使い捨てでいいので
またコンタクトを使ってみたいと思います。
コンタクトの利点は、顔の周りがすっきりすることと
よく見えることですね。その長所はいつも変わらないと思うので、
コンタクトを使う人の数は減ることはないと思います。

カラコン ハーフ 人気