カードローンの申込みの流れ

 

カードローン申込みの流れは、申込み方法で若干変化してきます。

 

当記事では最もスムーズに申し込むことが可能なインターネット申し込みの流れを基準に解説させていただきます。

 

さて、カードローンの申込みの流れは下記のような流れとなります。

 

スマートフォン・携帯電話・パソコンで申込みフォームを作成→審査に必要な書類の画像をアップロード→審査→(審査通過後)契約→借入

 

消費者金融・銀行によって多少差異はあるものの、大体はこういった流れとなります。

 

上記のような流れの中で、最も時間がかかるのは「審査」です。

 

審査は通過できるかわからないということもあり、多くの方が不安を感じています。

 

ですが、時間がかかるといっても、近年では審査時間を最短30分としている消費者金融・銀行も多く、特に時間がかかるということではないのです。

 

カードローン申込みの流れも、審査時間が短くなったことから1時間程度で完了してしまうことも多いので、あまり心配なさらないでください。

 

稀に、カードローン申込みの流れが終わるのを待てず、他の消費者金融・銀行にも複数申込みをしてしまう方がいらっしゃいます。

 

ですが、消費者金融・銀行はそういった複数同時申込みを嫌いますので、逆効果になってしまうのです。

 

なぜ、複数同時申込みをしてはならないのかという点については、下記に詳しく解説します。

 

 

カードローンの複数同時申込みするとブラックリストに載るの?

 

カードローン申込みの流れが終わる前に、他の消費者金融・銀行に申し込むような「複数同時申込み」は逆効果ですのでご注意ください。

 

複数同時申込みをしますとブラックリストと呼ばれるように、信用情報機関にブラック情報として履歴が残ってしまうのです。

 

なぜ消費者金融・銀行が複数同時申込みを嫌うかという理由としては、下記のような理由があります。

 

返済能力が疑問視されるため

 

カードローンの複数同時申込みというのは、返済能力を疑われてしまう行為なのです。

 

これは貸す側の立場になって考えていただけると理解しやすくなるかもしれません。

 

皆様が知人Aさんに「お金を貸してくれないか」と頼んできたとします。

 

この段階では「まぁ別に貸してもいいか」とか「えー?お金貸すのはちょっと…」とそれぞれ考えが異なってくるでしょう。

 

ところが、Aさんが他の人にも「お金を貸してくれないか」と頼んでいたことが発覚したとしたら、どう考えるでしょうか?

 

「え…そんなにお金に困ってるの?返せるのかな?」と考える方が多いと思われます。

 

消費者金融・銀行も同じことで、申込者が複数同時申込みをしていると、上記のように考えて「返済能力無いんじゃないか?」と疑問視してしまうのです。

 

返済能力が無さそうな人を見極めるために、消費者金融・銀行は信用情報機関に複数同時申込みをしているというブラック情報を記載してしまいますので、ご注意ください。

 

 

 

以上のように、カードローンの申込みの流れが完了する前に複数同時申込みをするのは、返済能力を疑われるというリスクが伴います。

 

きちんと申し込んでいれば特に問題なく申込み手続きは完了となりますので、複数同時申込みはしないようにしましょう。